ページビューの合計

2018年9月29日土曜日

駆除したいのはどちらのゴキブリ?

ひと口にゴキブリ駆除と言っても、そのゴキブリとは、どのような種類のゴキブリを指しているのでしょうか?

結論から申しますと、通常、駆除の対象となるゴキブリは大きく分けて、クロゴキブリとチャバネゴキブリ(以下、チャバネと表記)の二種類になります。

ネット上で見かけるゴキブリ駆除に関するサイトを覘いて見ると、クロゴキブリなのかチャバネなのか、どちらの種類を指しているのかわからないことがあります。おそらく、クロゴキブリのことを指していることと思われますが、クロゴキブリとチャバネとではそれぞれ習性が違いますので対処の仕方も違ってきます。

キクノヨの場合でも、クロゴキブリとチャバネとでは駆除の方法や料金等が違います。ご相談される場合は、クロゴキブリなのか?それともチャバネなのか?どちらの種類なのか明確にしてからご相談いただけると話がスムーズになります。

一般的に、クロゴキブリは主に住宅に、チャバネは主に飲食店等の調理を行うところに出没します。反対にチャバネゴキブリが住宅に出没したり、クロゴキブリが飲食店に出没するケースは例外とまでは言えないほど多くあります。

では、それぞれの特徴を簡単に…

クロゴキブリはサイズがあるので気持ち悪さのインパクトが大きいです。出くわしただけで鳥肌が立つかたも多いことでしょう。単にゴキブリと言えば、これのことを指すことが一般的です。

クロゴキブリの成虫(左)と幼虫

成虫はその名の通り黒色ですが、幼虫は赤茶色をしています。


いっぽうのチャバネは最大で15mmほどですから、気持ち悪さのインパクトは小さめですが、繁殖力が強く数が殖えやすいのが最大の特徴です。結果、出くわす回数が多くなりますのでやはり気持ち悪い。環境によっては完全駆除が難しくなります。

チャバネの成虫(左)と幼虫

成虫は茶色ですが、幼虫は黒色です。

クロゴキブリ、チャバネいずれも、成虫と幼虫とでは見た目が大きく違っています。

(ゴキブリ駆除 キクノヨ)

2018年9月4日火曜日

高額なハチ駆除料金

先日、ハチの駆除でお伺いした住宅では、凶暴なスズメバチではなく比較的大人しいアシナガバチに加え、地元の緑区でしたので駆除料金5千円で駆除作業を行いました。


この時、ご依頼者様とお話ししたところ、キクノヨにご依頼する前に別の業者に見積りをしてもらったところ4万円だったそうです。その差は3万5千円!この場合は料金にかなりの差がありましたが、業者によっては2万くらいの差があることはよくあります。

作業時間もそれほどかからないのに何故そんなに高額なんでしょうか?業者それぞれ事情があるにしろ高すぎです。どんな顔をして料金をいただくのでしょうか?儲け主義でしょうか?いやいや、逆にそんな高額なところへ駆除依頼するかたはいるのでしょうか…

もしかしたら、「料金なんてどこの駆除業者でも似たようなものだろう、とにかく早く駆除してほしい」というお客を狙って高額な設定にしているのかもしれません。それなら料金が高い分、4,5件に1件でも成約すれば充分仕事になるかもしれません。

相場が分かり辛い場合は、やはり、できるだけ地元の、且つ複数業者へ問い合わせることが痛い出費を抑えることには肝要です。

また、これもちょくちょく聞く話しですが、ハチの巣がある場所が高所だったり、巣のサイズが大きい場合は、料金が上乗せされる料金設定の業者があります。それはそれで良いのですが、やはりお客様からすれば想定外の痛い出費です。

キクノヨでは、できるだけ気持ちよく、納得されて駆除料金を支払っていただきたい思いから巣の場所やサイズによって料金が変わることはありません。

(害虫駆除キクノヨ)