ページビューの合計

2018年7月29日日曜日

ミツバチ、クロアナバチ

連日ハチの駆除で出動していますが、そのほとんどはアシナガバチとスズメバチです。

アシナガバチの巣

 スズメバチの巣

変わったところでは、


ミツバチがお墓の中のスペース(納骨スペース)に巣を作っていました。

巣を取るだけでなく、御遺骨をとり出したり洗ったりと何かと手間がかかりました。

他にも、

クロアナバチと巣穴

クロアナバチ(死骸)とクロアナバチが捕まえた虫

狩ったバッタを掘った巣穴に入れ、卵を産み付けます。バッタはいずれ孵る幼虫のエサになります。

クロアナバチは、かなりの飛翔速度があります。アシナガバチやスズメバチの比ではありません。とにかくすばしっこくハエ並みです。

穴を掘る動作も俊敏でやはりハエの動きです。しかし、サイズはハエどころかアシナガバチよりひとまわりも大きいのです。

2018年6月27日水曜日

コウモリの生態

駆除の対象となるコウモリの種類は、小型のアブラコウモリです。

鳥のように鳴くわけでもなく、ネズミのように足音をたてるわけでもなく、と静かな存在なのですが、やはりフンはしますのでそれが問題になります。

7月頃に子供を産み、9月頃に授乳が終わり(鳥類と違い哺乳類です)、仔コウモリが巣立ち飛べるようになります。ですから、この時期の駆除は避けたほうがいいかもしれません。

そして、11月~3月頃までは飲まず食わずの冬眠に入ります。

コウモリのフン

コウモリの赤ちゃん

飛んでいるコウモリはけっこう大きく感じますが、羽をたたむとかなり小さくて一センチ角くらいの隙間があれば家屋の天井裏へ侵入してきます。

2018年5月9日水曜日

駆除と防除の違い

「害虫駆除」というワードは一般的ですが、対して「害虫防除」は耳慣れない言葉かもしれません。

「害虫駆除」とは、薬剤などを使用して害虫を殺したり追い払ったりして、害虫を取り除くことを意味します。いっぽうの「害虫防除」とは、害虫駆除と害虫予防を合わせた意味となります。

例えば、住宅でのゴキブリ対策では、毒エサ設置だけとなりますとゴキブリ駆除となります。この場合、ゴキブリが毒エサを食べた時点から効果が現れますので、毒エサを食べる前のゴキブリに部屋で出くわす可能性があります。

いっぽうの「ゴキブリ防除」は、先に述べたとおり駆除に予防策が加わります。

予防策としては、部屋までの侵入ルートの封鎖となります。全ての侵入ルートが封鎖できれば、今後はゴキブリが部屋へ侵入できなくなります。仮に、全ての侵入ルートを塞ぐことができなくとも、少しでも多くの侵入ルートを封鎖できれば相当な予防策となります。



侵入防止対策は全ての害虫に効果があります。そして毒エサと違い半永久的な効果があります。

キクノヨでは、ケースバイケースですが「害虫駆除」ではなく、「害虫防除」を中心に行っています。駆除だけですと害虫発生を抑える精度がかなり落ちてしまうからです。

(害虫駆除キクノヨ)

2018年3月21日水曜日

グーグルマップ による飲食店の口コミ

まだまだ寒い日もありますが、日ごと春めいて暖かい日が多くなってきました。

テレビではゴキブリ駆除製品のCMをみかけるようになりました。冬眠していた虫達も目覚め始め、徐々に活発になってくる時期に入ったのでしょう。

◇飲食店のアンケート

仕事柄飲食店での仕事が多いのですが、がんばっているお店はテーブルにアンケート用紙を置いていることが多いものです。


こういったアンケートは、良い評価を書かれれば励みになるし、不満な点を書かれたなら改善点が見えてきます。

サービスに不満があった場合では、直接店員には言わず、アンケート用紙に不満を書く場合のほうが実際には多いかもしれません。

例えば、お客が虫を目撃してしまったとすると、コバエ程度ならまだしもゴキブリやネズミとなると黙って立ち去り、次の来店は無いかもしれません。

しかし、アンケートでその事実がわかったとすれば、少なくとも今後に向けて対策をとることができます。

店側としては不満の書かれたアンケート用紙を見ることは痛い思いをしますが、改善点が分かることは大変意義のあることです。

また、お客はアンケートに不満をぶつけることで、溜飲を下げてくれるかもしれません。

こういった不満が書かれたアンケートの内容はお店側しか見ることが無いのですが、ネット上での口コミの不満は違います。


◇増加するグーグルマップの口コミ
 
ネットでお店を探す場合、口コミを参考することは多いかと思います。

口コミといえば食べログ系サイトですが、最近のトレンドはグーグルマップとなります。

グーグルマップは、近くのお店を探すのに大変便利ですし、その口コミ数の多さから人気の程がうかがえます。



◇緩いネガティブワード

「ゴキブリが歩いているのを見た」

食べログ系の口コミを投稿する場合は、「ゴキブリ」などはNGワードですので投稿できません。いっぽうのグーグルマップの口コミ投稿はそれほど厳しくなく「ゴキブリ」等のキーワードを含んだ口コミが掲載されることがあります。

こうしたネガティブな口コミはお店からみれば大変な損失です。自分のお店にこのような口コミを見つけたらグーグルに削除依頼をしましょう。ただし、その口コミの内容が規約に違反していなければ削除はしてもらえません。

グーグルの口コミ投稿の方向性は、お店の評価の信憑性を高めるため、良くも悪くも、食べログ系に比べて大変緩くなっています。よって規約違反の口コミが掲載される場合があります。自分のお店の口コミが気になる場合は、定期にチェックするしかありません。

尚、お店側(オーナー)から口コミに対して返信できる仕様になっていますので、ネガティブな口コミに対しても誠実な対応をされればフォロー可能です。

2018年2月14日水曜日

ネズミに寄生するイエダニ

ネズミが近い場所に居るとダニに刺されるケースがあります。ネズミに寄生するイエダニがネズミから落ちて人を刺すのです。

私は天井裏に上がることは度々ありますが、ネズミの数が多いと痒くなることがあります。

夏場の蚊刺されも痒いのですが、ダニの場合はそれと同等の痒みがあり、蚊刺され以上に痒みが長く続きます。

刺されるのは、太ももの内側、脇から脇腹にかけてと肌が柔らかい箇所となります。蚊刺され以上に赤い跡が残ったりします。

皮膚が柔らかい部分を狙ってくるイエダニですから、成人男性よりも肌がデリケートな女性や子供が特に刺されます。


天井裏でネズミがたまにゴソゴソしているだけならまだいいのですが、ダニをまき散らすとなると大変な実害です。

野生動物に寄生するイエダニですから、ネズミ以外の野生動物が近くに居ると刺されることもあります。

ネズミが棲みついていてダニに刺される場合は、ネズミを駆除しないことにはダニ刺され問題は解決しません。ネズミが居なくなれば寄生するイエダニも居なくなり、ダニさされによる痒みから解放されます。

(害虫駆除キクノヨ)

2018年1月23日火曜日

冬こそチャバネゴキブリの駆除

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。


この冬の名古屋ではほとんど雪は降っていませんが、気温的にはけっこう寒い冬だと感じます。

明日、明後日は久しぶりに天気予報に雪マークがつきました。

そんな寒い冬場は、変温動物である虫達にとって最も活動量が少ない季節です。冬真っ只中にもかかわらずチャバネゴキブリがうろちょろする状態だと、気温が上がる4月になればチャバネの大発生は間違いないところです。

チャバネ駆除は飲食店からのご依頼が多く、また、気温が上がってくる4月以降に駆除のご依頼が多くなってきます。ですが、実はチャバネが低活性な冬場にこそ、最も効率的な駆除が可能となります。

なぜなら、冬場のゴキブリは冷蔵庫のコンプレッサー周り等の暖かい箇所に集中して暖を取っているからです。要するにピンポイントでの駆除が可能です。


これが気温が高くなると、そこかしこに散らばってしまいます。


このような、ピカピカの厨房ならばゴキブリはほとんど発生しないはずですが、実際は日々の業務に追われ、掃除が行き届いていないのが現実です。

掃除がかなり行き届いた厨房でもチャバネは発生します。しかし、掃除がほとんどされていない厨房よりは、かなり発生数は抑えられます。

キクノヨでは徹底的にチャバネをやっつけます。ゴキブリ抑制のためなら掃除も厭いません!というかやらざるを得ないです。本来は厨房の掃除はお店がやるべきですが、なかなかやってもらえません。

※ここでいう掃除とは、主に厨房機器の裏や下などになります。ゴキブリの巣となりやすい場所です。




チャバネが厨房機器内に巣喰っていれば、機器を分解して駆除を行います。他社の数倍の時間をかけて丁寧に駆除作業にあたります。手を抜いた分だけゴキブリが殖えてしまうことをよく判っていますので…

できましたらチャバネが大人しい気温が低い冬場のうちに、ご依頼のほうお願いいたします。

(チャバネ駆除 キクノヨ)

2017年12月25日月曜日

年末年始休業日のお知らせ

平成29年12月31日(日)  ~  平成30年1月7日(日)


までお休みします。
 
以上、ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

(害虫駆除キクノヨ)