ページビューの合計

2020年3月14日土曜日

新生活に害虫無用

3月4月は一年のうちでもっとも転居数が多い、引越しシーズンでもあります。新生活では期待の高まりとともに少なからず不安があることでしょう。

害虫の発生は不安のひとつかもしれません。しばらく住んでみないことには、どんな害虫に出くわしてしまうのかわかりません。

害虫に出くわしてしまった場合、その害虫はゴキブリ類の確率が最も高くなります。


害虫といっても多種多様ありますが、嫌いな害虫のアンケート結果では毎年不動の一位、それも二位以下を大きく引き離してダントツで一位がゴキブリとなっています。それだけ身近な存在なんでしょう。

ゴキブリとの望まない遭遇は、引越し直後よりも新居に慣れはじめ、落ち着いてくる頃の場合が多くなります。

要するに、水を使ったり食事をしたりと生活感が出てきますと、ゴキブリが寄ってきやすくなるということです。

ゴキブリに限らず、虫の活動が本格化するのはゴールデンウィークあたりです。引っ越し後、落ち着いて生活感が出てくるタイミングと重なっていますので、この頃にゴキブリと出くわしてしまう可能性が高くなっています。

ゴキブリは人の生活圏にさえ居れば水や食べ物には困らないし、冷暖房完備で快適です。人間の生活を利用します。ゴキブリが屋内性(半野外性)害虫と言われる所以です

キクノヨでは、住宅においては害虫の侵入経路を調査し、封鎖する作業をメインで行います。

薬剤の噴霧や毒エサの配置だけの「駆除」とは違い、より効果の高い「防除」です。防除とは、駆除+予防です。

築年数の経っていない新築や部屋数の少ない単身用マンションでは、無料保証を付帯できます。それだけ精度に自信があるからです。

室内にやってきたゴキブリを駆除するのではなく、そもそも室内にやってこないようにします。ですから、あらゆる害虫に半永久的に効果があります。

2020年2月5日水曜日

ネズミの被害4(騒音、セキュリティ、ダニ、病原菌)

ネズミは夜行性ですので夜のほうが騒がしくなります。

ネズミが起こす騒音ですが、

1.歩いたり走ったりする音
2.何かをカリカリかじる音
3.鳴き声

となります。

3.についてですが、ネズミは大きくなったら鳴くことはほぼありません。鳴くのは生まれてから1カ月以内くらいの子ネズミだけとなります。

一般住宅においては、深夜に天井裏でネズミが走りまわったり、何かをかじっている音がすることがネズミの存在を知るきっかけとなります。

オフィスでも、夕方に天井裏で物音がすることは大変気になります。

他にも、

倉庫やオフィスなどでは、警備会社が設置した防犯センサー(赤外線センサー)にネズミが反応して、深夜に警備会社の警備員がかけつけることがあります。



何度もネズミによって警備員がかけつけることになると、当然にして警備会社よりネズミを駆除してくれと懇願されます。

あとは、汚いところを走りまわっているネズミですから、ネズミが近くに居ると病原菌を連れてくる可能性があります。

2019年12月18日水曜日

ネズミの被害3(ダニ刺されによる痒み)

主に住宅でのネズミの発生では、ダニ刺されによる被害があります。ネズミに寄生するイエダニが人を刺すのです。

ネズミがイエダニをばら撒いているので、ネズミの数が多いとイエダニに刺される確率が高くなります。

イエダニはネズミに寄生して繁殖しますので、部屋でイエダニが殖えることはありません。ネズミから離れたイエダニはすぐには死なないので人間が刺されます。

イエダニによる被害
(主に子供と女性が刺されやすい)

イエダニに限らずですが、ダニ刺されはしばらく跡が残りますし、非常に痒いものです。

天井裏や部屋に発生するネズミを居なくすれば、イエダニによる被害は収まります。

ネズミがイエダニの発生源ですので、ネズミを放置してイエダニだけなんとかしようとすることは難しいでしょう。

2019年11月27日水曜日

ネズミの被害2(SNSで拡散)

ネズミが目の前を横切っていく姿は、驚きと同時に不衛生さを連想させます。

特に飲食店においては、スタッフが目撃するだけならまだしも、お客様が目撃された場合は致命的になる恐れがあります。

渋谷の深夜の路上では、元々ネズミが頻繁に目撃されるようですが、渋谷のコンビニ店内でたくさんのネズミが蠢く映像は衝撃的でした。テレビのワイドショーで頻繁に取り上げられていたのは記憶に新しいところです。

ファミマ店舗でネズミ大発生⇒ https://www.youtube.com/watch?v=6QBFaBDQsCk

一昔前なら「今、ネズミが走って行ったの見た?」「え、うそでしょ?気持ち悪~い」の会話くらいで済んだかもしれませんが、今やSNS全盛の時代です。「〇〇店でネズミを見た!」でも充分拡散されそうですが、ネズミが店内を歩く映像を撮られ、それを拡散でもされたら致命的となります。

時々厨房でネズミを見かけるけど、客席には出ていないし、お客様からクレームを受けた事は無いから大丈夫だろう、とする考えは危険です。

ネズミを見かけることはお客様にとっては非日常です。もし、お客様がネズミを目撃してしまったら、お客様が不快感を覚えるだけでなく、放置しておくと様々な問題を引き起こしかねません。

飲食店でネズミが発生してしまったら、けっして目を背けずに1匹も居なくなるまで徹底的に駆除を行わないといけません。

2019年11月11日月曜日

ネズミの被害1(何でも齧る)

ネズミのやっかいなところは、身体が小さいのでほんのわずかな隙間から出入りできることと、何でも齧って(かじって)しまうことが挙げられます。

ネズミは齧歯類(げっし)という分類に属し、前歯(門歯)が発達していて絶えず伸び続けます。歯が伸び続けるため、長さを一定に保つ必要性から、そこいらじゅうの硬いものを齧っています。猫の爪研ぎみたいなものです。


食べ物目当てで、食品パッケージはやすやすと齧りますが、その他、何でも齧ります。



ネズミが穴を開けた水道塩ビ管


今まで実際に見た例では、水道塩ビ管(噴水で水浸しになる)、屋内電気配線の被覆(中の銅線までは切断できない)、ガスのゴム管、電話線、チャイムの配線、ガス警報器の線、パソコンのケーブル、監視カメラや警報装置の配線‥等々。

金属製だからといってけっして油断はできず、金属の中では比較的やわらかいアルミ製の板を齧って穴を開けていたこともありました。

他にも、通路を確保するために齧ります。



たかがネズミされどネズミで、たった1匹のネズミが入り込むだけで、重要なインフラに支障をきたしてしまうことが実際に起きています。

2019年10月2日水曜日

再発生保証制度で安心

野外にも屋内にも棲む害虫や害獣の代表は、クロゴキブリとクマネズミです。ゴキブリは半野外性昆虫と呼ばれています。これらは建造物を積極的に利用します。

これらが屋内にやってくるタイミングは、外気の気温が下がる季節の変わり目であることが多いです。外に居ると肌寒いなぁと感じられる頃、具体的には10月中旬から11月中旬くらいでしょうか。

要するに野外に居たクロゴキブリやネズミが寒さを感じ、暖かな屋内へ侵入してくるのです。

キクノヨでは、住宅の駆除業務においては、ゴキブリにしてもネズミにしても侵入防止対策に重きを置いています。薬剤だけの駆除業務ですと、精度が悪く再発生しやすいからです。

市販品を使用するにしても、ピカピカな住まいにブラックキャップやホイホイが、あちこちに置いてある状態は、せっかくのインテリアが台無しです。
 

薬剤による駆除対策は、効果の持続性のために永遠に置いておかなければなりません。

業者に頼るにしても、薬剤だけの場合、毎年施工してもらわなくてはなりません。効果が永久に続く薬剤はありません。効果の持続性は半年程度が目安です。

いずれにしても煩わしい限りですし、費用もばかになりません。

その点、侵入防止対策は永久に効果があります。施工したその時から効果があります。

したがいまして、部屋にブラックキャップやホイホイを置かなくて済むようになり、お客様や知人を気兼ねなく呼ぶことができます。

ゴキブリなんてどこからでも入ってくるのでは?と、お思いかもしれませんがポイントさえ押さえればゴキブリの侵入はブロックできます。

キクノヨでは、施工後の再発保証制度を付帯しています。保証制度は御依頼主にとっては安心かと思いますが、反面、施工する側にとってはリスクです。

ですから、キクノヨではゴキブリが再発生しないように懸命に業務にあたります。

2019年9月10日火曜日

スズメバチはピークへ

現在、巣のサイズはぼ最大となっています。平均バレーボールくらいです。

ハチの数は10月下旬が最も多くなります。

 アシナガバチ


スズメバチ


スズメバチ


スズメバチ


アシナガバチ

蜂の駆除は夕方から夜に行います。