ページビューの合計

2009年4月14日火曜日

たかがアリ、されどアリ

 気温もグンと上がり、虫たちも活発になってきました。稀ですがアリの駆除でも出動します。アリは特に気持ち悪いとか、悪さをするとか、ゴッキーやムカデに比べたら、まだかわいいと思いますが、発生場所によっては問題になりますし、アリの種類によっては薬を捲いただけではあまり減らない場合もあります。

 室内の食べ物や空のペットボトルに行列をつくったり、パソコンの周りをウロウロしたり、たくさん居たらけっこう気持ち悪いし、食品製造関係だったらちょっとまずい場合など。

 アリはたいてい土中に巣をつくりますが、土のないところにも巣をつくる種類がいます。問題となるのは、たいていイエヒメアリという種類で、これがそれに当たり、土があるところ、土の無い家の中にも巣をつくります。このアリはかなり小さいので、巣の場所を特定するのには目をこらして巣の場所を探さなければなりません。小さいだけに被害も少ないかもしれませんが、小さいだけに駆除が意外と難しい場合も。

 地味~に被害をもたらし、しぶとく減らないアリも居るのです。

愛知のアリ駆除 キクノヨ

0 件のコメント:

コメントを投稿