ページビューの合計

2008年6月10日火曜日

やっぱり殖える外来生物

 木曽三川公園で外来種の毒グモであるセアカゴケグモがたくさん見つかったというニュースが3、4日前の新聞で大きく取り上げられました。今回のニュースでは、それを受けて8キロ下流域を調査したところ、同じく大量にセアカゴケグモが見つかったということです。なんだか、探せばいくらでも見つかりそうですね。

<セアカゴケグモ93匹見つかる>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080610-00000009-maiall-soci

 現在、日本では死亡例はまだ無いようですが、海外では子供やお年寄りに死者が出ているそうです。


<セアカゴケグモの生態>
http://www.pref.osaka.jp/shijonawatehoken/kumo/kumo.html

 数年前にこの毒クモが初めて話題になった頃、緑区の大高緑地公園でも見つかったと報道されていました。その当時、大高緑地で「毒グモ注意!」の看板が見受けられました。その後もちょくちょくと公園に行ったことがあるのですが、最近では看板は見ていないような気がします。

 人知れず増えているかもしれないし、興味本位で調査してみようかな。

害虫駆除キクノヨ

0 件のコメント:

コメントを投稿