ページビューの合計

2008年3月16日日曜日

春は害虫も動き出す

三寒四温とは、寒い日もあるが暖かい日も多いといった意味で、春が近づく時に使われる四文字熟語ですが、最近は寒いと感じる日はほとんど無く、気温が安定してきて(暖かいほうで)もうすっかり春になった感で、たいへん気持ちの良い過ごしやすい日が多くなりました。花粉の季節でもあり、全然過ごしやすくない!と思われる方も多いと察しますが、、

では、「過ごしやすい」というキーワードに関連して。

人が過ごしやすいと思うのは、春夏秋冬でいえば、春と秋ではないでしょうか?花粉症やら秋は夏の疲れが出るやら風邪をひきやすいやらと人それぞれでしょうが、関連がなくなってしまうので、「春と秋は過ごしやすい」で話をすすめたいと思います。まあ一般的だと思います。

結論から先に言いますと、弊社に駆除依頼が多いのは、春と秋が断然なのです。依頼が多いのはネズミとゴキブリです。ムカデや蜂とかは比較的自然豊かな環境の中で、人の生活圏にまぎれ込むといった感じですが、ネズミ、ゴキブリは人の生活環境を利用するなど都市化に適応してきた動物であり、彼らにとっては環境破壊による絶滅危惧動物のことなんかは何処吹く風でしょう。人が過ごしやすい季節は、ネズミやゴキブリにとっても過ごしやすいということです。

まずネズミについて。春は特に繁殖が激しいと思われます。子ネズミが親離れすると、足音もうるさく、イタズラし放題です。イタズラという表現はあまりに可愛らしすぎますか‥夏は暑いせいか一般住宅内にはあまりよりつかない傾向があります。寒くなってきた秋口には、建物内に侵入しようとしますので、ご依頼は多いです。

ゴキブリは夏が最盛期ですが、人目につきだすのは春先ですので、ご相談が多くなります。秋もネズミ同様に寒くなると建物内に侵入しようとするので相談は多くなります。

他にも原因はいろいろありますが、長くなるので要約しました。
とにかく、春と秋はご依頼が多くなります。春は具体的にはゴールデンウィーク前あたりからです。
という訳で、駆除をご検討中の方はお早めのご連絡お願いいたします。

害虫駆除キクノヨ

0 件のコメント:

コメントを投稿